権利と義務をしっかり確認
サイトマップ
男の離婚相談/阿部オフィス
営業案内

トップ │ お客様の声 │ アクセス │ 料金表 │  お問い合わせ  │ お知らせ │

公正証書の作成


離婚にあたり公正証書の作成を考えています。
 1.住宅ローンの支払い
離婚後のローンは全て私が支払う事で合意しています。しかし妻の父親名義の土地に家を建てているため連帯保証人が義父になっています。不払いが発生した場合に連帯保証人に請求がいくことを回避して欲しいと言われています。公正証書に不払いが発生した場合義父ではなく私の身内(親、 兄弟)が支払うと記載する事は可能ですか?
 2.住宅名義変更
現在は建物は私名義になっています。名義を出来れば妻に変えたいのですが現在無職のためローンが組めません。ローン完済後名義を変更したいのですが、公正証書で保証してあげる事は可能ですか?
 3.慰謝料について
慰謝料以外に現在妻が通院している医療費は今後も負担することで合意しました。公正証書に記載する場合、何と記載すればよいのでしょうか?

男の離婚相談からの回答

 1.住宅ローンの支払い
住宅ローンの支払が滞った場合には、金融機関は連帯保証人である義父に請求をします。
これを回避するためには、金融機関と交渉して連帯保証人を変更してもらうしかありません。
連帯保証人の変更ができない場合には、妻が住宅ローンの支払いを管理できるようにしておき、離婚給付公正証書の条項で、相談者が支払いをしなかったために妻が立替え支払った場合には、妻が相談者に対して求償権を持つようにしておきます。さらに、連帯保証人として相談者の身内を立てることで少しは安心してもらえるのではと思います。
 2.住宅名義変更
財産分与で妻に持分を譲渡し、住宅ローン完済後名義変更する旨を公正証書に記載することは可能です。
 3.慰謝料について
医療費を負担するということですから、領収書等のコピーを添付して請求してもらうということになろうかと思います。
 4.最後に
公正証書は強制力を持ちます。
住宅ローンを相談者が支払い続け、医療費も支払うという条件のため、リスクを想定した公正証書を作成するように心がけて下さい。 

All About 回答/2008.11.05/阿部マリ

日時:2010年3月23日 12:38
Entries of this Category

電話・面談相談予約
初回1000円メール相談実施中
最新情報
新着情報もっと見る

離婚相談

相談方法
お支払方法
メール相談フォーム
相談予約フォーム
電話で相談のお申込み

事務所紹介

お客様の声
料金表
阿部オフィスの紹介
業務案内
メディア掲載
特定商取引表示
ブログ記事一覧

Mari Abe