権利と義務をしっかり確認
サイトマップ
男の離婚相談/阿部オフィス
営業案内

トップ │ お客様の声 │ アクセス │ 料金表 │  お問い合わせ  │ お知らせ │

離婚相談Q&A:離婚後の面接交渉の取り決め


夫の浮気と生活の乱れが原因で離婚しました。二人の子どもがいて、夫とは月2回の面接ということで合意しました。離婚後、彼は面接の場に私も来るようにとか面接回数を増やせということを要求してきます。離婚前後に私が男性と会っていたことを持ち出し、要求を繰り返します。協議書などは作成していません。彼の要求に応じ なければいけないでしょうか。


男の離婚相談からの回答

夫婦関係は離婚によって解消することができても、親子関係は変わることはありません。
子どもにとっては、双方が親であり、親が離婚をしても子どもにとっての家族であることに変わりはありません。
子どもの見捨てられ不安を少なくすることが面接交渉の目的のひとつでもあり、面接交渉は、子どものためにあるといえます。

しかし夫は、子どものための面接というよりも、面接交渉をだしに、相談者に固執している可能性があります。

当面は、なるべく元夫との協議を少なくするために、詳細に面接交渉の内容を取り決めると良いかもしれません。

話し合いでまとまらないのであれば、家庭裁判所に面接交渉の調停を申し立てることもできます。

本来の目的である、子どものための面接交渉が行えるように、調整してあげましょうね。

All About 回答/2006.11.20/阿部マリ

日時:2009年7月 2日 09:46
Entries of this Category

電話・面談相談予約
初回1000円メール相談実施中
最新情報
新着情報もっと見る

離婚相談

相談方法
お支払方法
メール相談フォーム
相談予約フォーム
電話で相談のお申込み

事務所紹介

お客様の声
料金表
阿部オフィスの紹介
業務案内
メディア掲載
特定商取引表示
ブログ記事一覧

Mari Abe