権利と義務をしっかり確認
サイトマップ
男の離婚相談/阿部オフィス
営業案内

トップ │ お客様の声 │ アクセス │ 料金表 │  お問い合わせ  │ お知らせ │

浮気相手の彼女を落ち着かせる方法


男性からの離婚相談を受けていて、共通しているのが、
「コレといった離婚理由がないのに、あやふやな理由を並べて離婚を主張している人は、浮気相手の彼女がいる」ということです。

彼女からは「いつになったら離婚できるのよ!?」と責められ、
妻からは「離婚なんていたしません!」と拒否され、板ばさみになって相談に来られます。

相談に来られた段階では、妻に浮気がバレてしまっていることが多く、一切離婚には応じてもらえません。

こうなってしまうと、妻を離婚に向けて説得するよりも、彼女を説得したほうが早いです。

ただ、彼女や彼女の親を説得するにも、何か材料が欲しい…という方は、以下を参考にして下さいね。

戸籍上の妻と内縁の妻の大きな違いは、相続権です。
やはりというか、お金の問題なのですよね。

内縁の妻には相続権が無いので、死因贈与契約を公正証書しておきます。

公正証書の作成は、彼女との共同作業になりますし、彼女を落ち着かせることができます。

また、公正証書として残るので、彼女の両親にも面目が立ちます。

彼女から、「早く離婚を成立させて!」と迫られ、裁判にまで及んでしまい、裁判官から「有責配偶者」の烙印を押されて燃え尽きてしまうより、公正証書の作成に力を注いだほうが、建設的だと思うのですが…。

いかがでしょうか?

元記事/2006.05.07 Sunday

日時:2009年1月27日 09:59
Entries of this Category

電話・面談相談予約
初回1000円メール相談実施中
最新情報
新着情報もっと見る

離婚相談

相談方法
お支払方法
メール相談フォーム
相談予約フォーム
電話で相談のお申込み

事務所紹介

お客様の声
料金表
阿部オフィスの紹介
業務案内
メディア掲載
特定商取引表示
ブログ記事一覧

Mari Abe