権利と義務をしっかり確認
サイトマップ
男の離婚相談/阿部オフィス
営業案内

トップ │ お客様の声 │ アクセス │ 料金表 │  お問い合わせ  │ お知らせ │

娘に会いたい


5年前に離婚し、当時、二歳の娘と別れました。娘は元旦那の、実家にいます。
本当は、会いたいし、遠く遠くから、一目だけでも見たいです。
でも子供の気持ちを考えたら、会うのは小さいながら、困惑させてたり、悲しい思いをさせたくないです。
どうしたらいいのかわかりません。


男の離婚相談からの回答

こんにちは、行政書士の阿部マリです。
私は、面会交流のNPOの理事もしています。
面会交流とは、別々に暮していても子どもと親が交流を持つことを言います。

会うと子どもが混乱するという意見を聞きますが、本当にそうでしょうか?親を知らずに育つことが本当に子どもの幸せになると思いますか?

私は、子どもは親を知る権利があると思っています。

親を知らない子どもは、親を理想化して空想の親を作り上げてしまったり、『自分は捨てられた』のではないかと感じたり、『自分が悪い子だから両親は離婚した』のではないか、と感じたりしてしまうことがあります。

子ども自身がその答えをみつけ乗り越えていくためには、親を知ることが必要なのです。

元夫との話し合いが難航するようであれば、家庭裁判所に面会交流調停の申立てを行います。
調停では、●●さんと元夫が面会交流できるよう話し合いが行われます。話し合いでまとまらなければ、自動的に審判に移行して審判官が決定を出します。

私は、会うために努力するのも親の役目だと思っています。

yahoo知恵袋回答/2011.02.08/阿部マリ

日時:2011年2月 8日 16:51
Entries of this Category

電話・面談相談予約
初回1000円メール相談実施中
最新情報
新着情報もっと見る

離婚相談

相談方法
お支払方法
メール相談フォーム
相談予約フォーム
電話で相談のお申込み

事務所紹介

お客様の声
料金表
阿部オフィスの紹介
業務案内
メディア掲載
特定商取引表示
ブログ記事一覧

Mari Abe