離婚交渉の準備

サイトマップ
男の離婚相談/阿部オフィス
営業案内

交渉
離婚交渉を考えたとき、過去の婚姻生活のさまざまな出来事が思い出され、どうしても客観的に状況を分析することが難しくなり、相手が何を求めているかの情報収集を行うことをせず、自己の主張ばかり行ってしまい、暗礁に乗り上げてしまうことがあります。このページでは、交渉の準備としての基本的な3項目を説明します。
(目的)
相手方の真に欲しているものを知る。
それに対して自分が影響を与えること(実現させたり実現不能な状態にできるか。
(分析方法)
・コンフリクト(利益が実現できな状態や対立点は何か)
・相手方にとってのコンフリクト未解消の問題点とコンフリクト解消のメリット
・アクティブリスニング(積極的傾聴)
(目的)
社会的証明の原理
(具体的資料)
・権威ある第三者の意見(権威の証明)
・事実の証言
・関連する法規、類似の判例等
(目的)
自分のターゲット付近のアンカリング
パワーバランスを保つ
(方法)
・BATNA(交渉決裂時の代替案・最終決着方法)を見極める。
・双方の留保価格(リザベーションプライス、合意できる最低水準)を推測する。