料金表

サイトマップ
男の離婚相談/阿部オフィス
業務案内

男の離婚相談では、家族相談業務(家族心理学による相談やコンサルテーション)と行政書士業務(書類作成)に分けて支援をしています。
金額は税別表示となっておりますので別途消費税が必要です。

初回相談 面談・電話 ・60分
・面談無料
・電話1万円
継続相談 面談・電話 30分
・6千円

初回の家族相談は、最初の30分で状況を詳しくお聞きして、後半30分で具体的課題を検討します。
阿部オフィスの特徴は、家族カウンセリングと司法的視点を融合させて個別具体的な進め方をコンサルティングをすることです。

家族カウンセリングは、システム論的家族療法とソリューションフォーカストアプローチをベースとしており、問題解決にフォーカスしています。
司法的視点は、原因を特定して結果が生じたという視点で考えます。
離婚協議書 離婚条件を契約書としてまとめたものです。これを公正証書にすることもできます。
(1)離婚協議書作成
 基本3万円
・子の監護関連、金銭給付がある場合は2万円加算
・不動産がある場合は2万円加算
(2)公正証書にする場合は前項に 3万円を加算します。(公証人との折衝・セッティング・一方の代理人を含む)
別居契約書 婚姻費用や面会交流などの別居条件を契約書としてまとめたものです。これを公正証書にすることもできます。 (1)別居契約書3万円
(2)公正証書にする場合は前項に3万円を加算します。(公証人との折衝・セッティング・一方の代理人を含む
準婚姻契約書 内縁関係や事実婚の方 (1)準婚姻契約書3万円
(2)公正証書にする場合は前項に 3万円を加算します。(公証人との折衝・セッティング・一方の代理人を含む)

家族相談と行政書士業務を合わせたものです。
A 家族相談の業務
@ 面談・電話・メールによる相談
A 家族心理学を踏まえた手紙やメールなど文章の添削や起案。
B 婚姻生活史の作成支援
C 関係各所の手配と連携
B 行政書士業務
@ 離婚協議書等の作成・修正・保守。
A 公正証書の手配や代理。
B 各種資料の取り寄せ。
C その他の行政書士業務を通常料金の半額で依頼することができます。(相続、遺言、会社設立等)
期間

新規

継続
3カ月 合計15万円
内訳:
A 家族相談業務
   12万円
B 行政書士業務
   3万円
合計7万5千円
内訳:
A 家族相談業務
    6万円
B 行政書士業務
   1.5万円

ただし、有効期間内に継続したときはそれぞれ15%OFF。
6カ月 合計21万円
内訳:
A 家族相談業務
   18万円
B 行政書士業務
   3万円
合計10万5千円
内訳:
A 家族相談業務
    9万円
B 行政書士業務
   1.5万円

ただし、有効期間内に継続したときは30%OFF。
3カ月顧問の場合は、2週間以内に相談された直近1回分の相談料を顧問契約料からお引きします。
6カ月顧問の場合は、1か月以内に相談された直近1回分の相談料を顧問料からお引きします。