権利と義務をしっかり確認
サイトマップ
男の離婚相談/阿部オフィス
営業案内

トップ │ お客様の声 │ アクセス │ 料金表 │  お問い合わせ  │ お知らせ │

養育費の減額と親の義務


男性からの離婚後の相談で多いのが,公正証書で合意した養育費を減額できるのかという相談です。

離婚の際に,妻の迫力に押されて,内容をよく確かめもせずに,離婚ができるならばと合意してしまうケースがあまりにも多いのです。

確かに,契約の文言は甲だの乙だの見慣れない言葉で記載されていますが,守れもしない契約を交わすなど大人げないでしょう。

ただ,そうして持ち込まれた公正証書の内容があまりにも一方的な内容であったりすると,妻の人柄が見え隠れし,そのときには逃れようにも逃れられない状況であったのかもとも考えてしまいます。

「公正証書によって合意した養育費の減額」が認められた判例がありますので,気になる方は参考にしてみて下さい。

しかし,子どもを連れて離婚した女性の生活は厳しいものがあり,約束された養育費を見込んで生活設計を立てていることが多く,養育費の減額=生活自体が破綻してしまう可能性もあります。

こうなれば,お互いに不幸です。また,自分のことで親同士が争うなんて,子どもにとっても不幸です。

子どもを育てていくのは親の義務です。収入に対して過大な養育費の支払いに合意することではなく,守り続ける約束をすることが誠意であり,親の義務です。

離婚の際の条件を決めるときに,適切なアドバイスがあれば回避できたかもしれない争いは多く,心が痛みます。

元記事/2007.05.03 Thursday/ 阿部マリ

日時:2010年5月15日 15:29
Entries of this Category

電話・面談相談予約
初回1000円メール相談実施中
最新情報
新着情報もっと見る

離婚相談

相談方法
お支払方法
メール相談フォーム
相談予約フォーム
電話で相談のお申込み

事務所紹介

お客様の声
料金表
阿部オフィスの紹介
業務案内
メディア掲載
特定商取引表示
ブログ記事一覧

Mari Abe