権利と義務をしっかり確認
サイトマップ
男の離婚相談/阿部オフィス
営業案内

トップ │ お客様の声 │ アクセス │ 料金表 │  お問い合わせ  │ お知らせ │

中国の子の撫養に関する判決を日本の審判で代行


1【中華人民共和国婚姻法36条3項に定める子の撫養に関する人民法院の判決につき,日本の家庭裁判所の審判により代行することの可否】
 中華人民共和国婚姻法36条3項に定める子の撫養に関する人民法院の判決については,日本の家庭裁判所が家事審判法9条1甲乙類4号の審判により代行することができる。

2【中華人民共和国婚姻法36条3項に基づく撫養者の変更の可否】
 離婚の際にいったん撫養者が定められた場合であっても,その後父母間に子の撫養について争いが生じ,協議が成立しないときは,中華人民共和国婚姻法36条3項を適用して撫養者を変更する旨の裁判をすることができる。

親権者変更申立事件
前橋家 平21.5.13(審)

家裁月報62-1-95

日時:2010年5月12日 11:01
Entries of this Category

電話・面談相談予約
初回1000円メール相談実施中
最新情報
新着情報もっと見る

離婚相談

相談方法
お支払方法
メール相談フォーム
相談予約フォーム
電話で相談のお申込み

事務所紹介

お客様の声
料金表
阿部オフィスの紹介
業務案内
メディア掲載
特定商取引表示
ブログ記事一覧

Mari Abe