権利と義務をしっかり確認
サイトマップ
男の離婚相談/阿部オフィス
営業案内

トップ │ お客様の声 │ アクセス │ 料金表 │  お問い合わせ  │ お知らせ │

子の引渡し間接強制・子どもの年齢と意思


間接強制決定に対する執行抗告事件

東京高 平20.7.4(決)

【子の引渡事件の執行力のある債務名義の正本に基づき、1日につき3万円の間接強制金の支払を命じた事例】

未成年者の引渡しを命ずる審判書正本に基づき、間接強制を求めた事案の抗告審において、執行裁判所は間接強制金額について広い裁量を有するものであり、債務の内容が債務者の意思のみによって容易に履行され得るものであればその金額が相当高額になってもやむを得ないが、未成年者が相手方の下に行くことについて拒否的な態度を取っていること及び10歳という未成年者の年齢を考慮すると、抗告人の意思のみによって債務を履行するのは困難な面があることは否定できないから、1日につき10万円の間接強制金の支払を命じた原決定を変更し、1日につき3万円の支払を命ずるのが相当である。

家裁月報平成21年7月第61巻第7号-51

日時:2010年4月15日 12:52
Entries of this Category

電話・面談相談予約
初回1000円メール相談実施中
最新情報
新着情報もっと見る

離婚相談

相談方法
お支払方法
メール相談フォーム
相談予約フォーム
電話で相談のお申込み

事務所紹介

お客様の声
料金表
阿部オフィスの紹介
業務案内
メディア掲載
特定商取引表示
ブログ記事一覧

Mari Abe