権利と義務をしっかり確認
サイトマップ
男の離婚相談/阿部オフィス
営業案内

トップ │ お客様の声 │ アクセス │ 料金表 │  お問い合わせ  │ お知らせ │

離婚原因と親権


パソコンのサイトに投稿したりしていたことなどの離婚原因は、親権・養育権を主張するのに不利になるのでしょうか?


男の離婚相談からの回答

離婚原因などの夫婦の問題と親権者としての適格性は別問題です。
親権の決定は、「子ども」主体で考えます。これは、「子の福祉」や「子の利益」という言葉で表現されています。
親権の決定は、協議離婚や調停離婚の場合には、当事者間の合意により親権者を決めますが、審判や訴訟の場合には、家庭裁判所が決めることになります。
家庭裁判所では親権者の決定を子どもの福祉を基準にして、それぞれの事情を比較考慮しながら決定するものとされています。
(具体的事情)
父母の事情として、監護に対する意欲(子に対する愛情の度合い)、監護の能力(親の年齢、心身の健康状態、時間的余裕、経済力、実家の援助等)、生活環境(住宅、居住地域、学校等)。
子どもの事情として、子の年齢、性別、子の心身の発育状況、兄弟姉妹の関係、環境の変化の影響、親や親族との情緒的結びつきなど。
なお、継続性維持の原則や主たる養育者優先の原則がありますので、子を置いて単身で家を出て行くことは避けて下さい。

日時:2010年3月14日 10:41
Entries of this Category

電話・面談相談予約
初回1000円メール相談実施中
最新情報
新着情報もっと見る

離婚相談

相談方法
お支払方法
メール相談フォーム
相談予約フォーム
電話で相談のお申込み

事務所紹介

お客様の声
料金表
阿部オフィスの紹介
業務案内
メディア掲載
特定商取引表示
ブログ記事一覧

Mari Abe