権利と義務をしっかり確認
サイトマップ
男の離婚相談/阿部オフィス
営業案内

トップ │ お客様の声 │ アクセス │ 料金表 │  お問い合わせ  │ お知らせ │

韓国の養育手帳


離婚のことを子どもにどのように伝えたらよいのか悩みますよね。

タイミングやシチュエーション、何を説明すればよいのか、考えればキリがありません。

韓国には、離婚した父母に配布される、『子どもとの健康な出会いのための養育手帳』というものがあります。

その中に、子どもへの離婚の伝え方が記載されています。

参考になさってみてはいかがでしょうか。

---------------------------------------
離婚することが決まった時には,両親が一緒に子どもにこのように話してください。

・離婚手続が終わったら,直ちに子どもに話してください。

・できる限り,両親が一緒に話してください。

・確実にいつ,なにを,話すのかを前もって計画した後で,言ってください。

・正直・正確に話してください。

・離婚に関して,簡単な理由を説明してください。ただし,子どもが理解できる範囲でのみ,話してください。

・相手方(父/母)に対する非難を,子どもには話さないでください。

・子どものために離婚するのではないことを強調してください。

・離婚後も,これまでと変わらず,子どもを愛するし,世話をしてあげることを話してください。

・離婚後も,これまでと変わらず家族であることを強調してください。家庭がなくなったことではなく,新しい家庭の形態を子どもに提供してあげることです。

・これまでと変わらず,そのままであることについて説明してください。

・今から起こる変化について具体的に説明してください。子どもにも心の準備をする時間が要ります。

・両親が家族を守ろうと努力した過程を,子どもに説明してください。

・子どもの感情を考えてください。

・いつでも,なんでも,子どもの話を聞いてください。

・1回以上話してください。

---------------------------------------

以下、リンクの9ページ以下が「養育手帳」です。
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/cg/law/lex/10-3/ninomiyakimu.pdf

日時:2014年6月 3日 14:52
Entries of this Category

電話・面談相談予約
初回1000円メール相談実施中
最新情報
新着情報もっと見る

離婚相談

相談方法
お支払方法
メール相談フォーム
相談予約フォーム
電話で相談のお申込み

事務所紹介

お客様の声
料金表
阿部オフィスの紹介
業務案内
メディア掲載
特定商取引表示
ブログ記事一覧

Mari Abe