権利と義務をしっかり確認
サイトマップ
男の離婚相談/阿部オフィス
営業案内

トップ │ お客様の声 │ アクセス │ 料金表 │  お問い合わせ  │ お知らせ │

算定表より多く支払った婚姻費用は財産分与の前渡し?


財産分与審判及び請求すべき按分割合に関する処分申立却下に対する抗告事件、同附帯抗告事件
大阪高 平21.9.4(決)
家裁月報62-10-53

【いわゆる標準算定方式に基づいて算出した額を上回る婚姻費用分担金の支払を財産分与の前渡しとして評価することの可否(消極)】

 当事者の一方が自発的に又は合意に基づいて婚姻費用の分担として相手方当事者に送金している場合、
その額が当事者双方の収入や生活状況にかんがみて著しく相当性を欠くものでない限り、
送金額のうちいわゆる標準算定方式に基づいて算出した額を上回る部分を財産分与の前渡しとして評価することは相当でない。


阿部コメント

婚姻費用を算定表基準より多く支払っていても、過払い請求のように取り戻すことはできないとの判断です。

このような事例の相談は数多くあります。

基本的に、婚姻費用の額は当事者間の合意があればそれが最優先され、合意できないときに裁判所に決めてもらうことができます。
裁判所が、婚姻費用の額を決めるときの根拠は、婚姻費用算定表です。

任意で、算定表よりも多い婚姻費用を支払っていた訳ですから、そのことが評価されるものではないのです。
婚姻費用の減額を求めた調停で、善意の上乗せ(算定表よりも多く支払っていた。)は、減額後も継続されると言われた方もいます。

高評価を期待して、算定表よりも多くの婚姻費用を支払い続けた方にとっては、逆にそのことに足を取られることになりかねませんね。

算定表通りで決めたほうがよいのではないでしょうか。

日時:2010年11月 9日 15:40
Entries of this Category

電話・面談相談予約
初回1000円メール相談実施中
最新情報
新着情報もっと見る

離婚相談

相談方法
お支払方法
メール相談フォーム
相談予約フォーム
電話で相談のお申込み

事務所紹介

お客様の声
料金表
阿部オフィスの紹介
業務案内
メディア掲載
特定商取引表示
ブログ記事一覧

Mari Abe