権利と義務をしっかり確認
サイトマップ
男の離婚相談/阿部オフィス
営業案内

トップ │ お客様の声 │ アクセス │ 料金表 │  お問い合わせ  │ お知らせ │

妄想性パーソナリティ障害


疑り深く秘密主義。柔軟さに乏しく冗談が通じにくい。
些細な指摘でも馬鹿にされたと受け取り執念深く恨み復讐する。
権力や力で支配しようとする。
常に裏切られるのではないかと疑い、配偶者に対して激しい猜疑心を向ける。
相手を信じられないという確信を証明しようとして無理な要求をぶつけ、それを拒否すると裏切られたと受け取り、激しい怒りと復讐心に燃える。

==============================================
他人の動機を悪意あるものと解釈するといった、広範な不信と疑い深さが成人期初期までに始まり、種々の状況で明らかになる。
以下の4つ(またはそれ以上)によって示される。

(1)十分な根拠もないのに、他人が自分を利用する、危害を加える、またはだますという疑いを持つ。

(2)友人または仲間の誠実さや信頼を不当に疑い、それに心を奪われている。

(3)情報が自分に不利に用いられるという根拠のない恐れのために、他人に秘密を打ち明けたがらない。

(4)悪意のない言葉や出来事の中に、自分をけなす、または脅す意味が隠されていると読む。

(5)恨みを抱き続ける。つまり侮辱されたこと、傷つけられたこと、または軽蔑されたことを許さない。

(6)自分の性格または評判に対して他人にはわからないような攻撃を感じ取り、すぐに怒って反応する、または逆襲する。

(7)配偶者または性的伴侶の貞操に対して、繰り返し道理に合わない疑念を持つ。

『DSM-IV-TR精神疾患の分類と診断の手引き改訂版』医学書院より
==============================================

特徴:人を心から信じることができない、親しい人を監視したり行動を把握しようとする、激しい猜疑心、根拠なく不当に疑う、束縛、嫉妬、愛情と憎しみが表裏一体、執拗、ストーカー、粘着質、孤独で傷つきやすい、心を開くことに憶病、怒り、家庭内暴力。争いに負けることが許せずどんな手を使っても勝つ。

対人関係:ほどよい距離間を保ち親しくなりすぎない。
親しくなると支配しようとし猜疑心に火がつく。
争いでエネルギッシュになるので、意見の対立は避け、イエスマンに徹するべし。

日時:2017年3月30日 11:52
Entries of this Category

電話・面談相談予約
初回1000円メール相談実施中
最新情報
新着情報もっと見る

離婚相談

相談方法
お支払方法
メール相談フォーム
相談予約フォーム
電話で相談のお申込み

事務所紹介

お客様の声
料金表
阿部オフィスの紹介
業務案内
メディア掲載
特定商取引表示
ブログ記事一覧

Mari Abe