権利と義務をしっかり確認
サイトマップ
男の離婚相談/阿部オフィス
営業案内

トップ │ お客様の声 │ アクセス │ 料金表 │  お問い合わせ  │ お知らせ │

夫婦間贈与と財産分与の関係


〔婚姻中に夫から妻に贈与された実質的夫婦共有財産である不動産が財産分与の対象とならないとされた事例〕

財産分与審判に対する抗告事件
大阪高 平23.2.14(決)

家裁月報64-1-79


婚姻中に相手方が抗告人に対してした不動産の贈与は、抗告人が相手方による不貞行為を疑い、現に相手方による不貞行為を疑われてもやむを得ない状況が存在した中で、抗告人の不満を抑える目的で行われたものであり、清算的要素をもつ上記贈与により上記不動産中実質的夫婦共有財産である部分についても確定的に抗告人に帰属させるのが当事者の意思であったなど判示の下では、上記不動産は、抗告人の特有財産となったと認めるのが相当であって、これを清算の対象としなければ公平の観点や社会通念上不当であるような特段の事情が認められない以上、財産分与の対象とならない。

日時:2012年5月 7日 11:53
Entries of this Category

電話・面談相談予約
初回1000円メール相談実施中
最新情報
新着情報もっと見る

離婚相談

相談方法
お支払方法
メール相談フォーム
相談予約フォーム
電話で相談のお申込み

事務所紹介

お客様の声
料金表
阿部オフィスの紹介
業務案内
メディア掲載
特定商取引表示
ブログ記事一覧

Mari Abe