権利と義務をしっかり確認
サイトマップ
男の離婚相談/阿部オフィス
営業案内

トップ │ お客様の声 │ アクセス │ 料金表 │  お問い合わせ  │ お知らせ │

離婚は不可避なのか


1.離婚を決意するまえに

@  幼い子どものいる家庭の場合、一方が外で働いて生活費を稼ぎ、もう一方が家事育児を行うことで、役割分担ができている。これは非常に合理的なのだが、当事者は気付かないことが多い。相手よりも自分が大変なのだと被害妄想的になる。また、出産後の女性は夫のことを嫌いになることが多いが、徐々に気持ちは落ち着いてくるので早まらないこと。

A  結婚とは、お互いに価値観の違いを乗り越えて、新しく家族としての価値観を作り出して子どもに伝えていくものです。互いに育った環境も経験も違うのであるから、価値観や常識は同じではないことは当然だと知っておくこと。価値観の違いを認められず離婚となるケースは多いものです。

2.男性が抱える問題
@ 何ら落ち度はなくても、離婚と言われ納得できない。

A 別居中の婚姻費用の問題

B 仕事をしているのに、家事育児の手伝いがないことを責められる。

C 離婚後に支払う養育費の税金等の優遇措置はなく、扶養控除・家族手当等もなくなり、金銭的な負担が増加する。

D 子どもの親権・面接交渉権

3.女性側の問題
  離婚をするには、経済的自立が必要である。配偶者を信頼できなくて離婚するのに、養育費は確実に支払ってもらえると信用することが矛盾していることに気付くべき。養育費は、事情の変更によって減額も可能であることを踏まえて、養育費がなくても生活できる目途をたてておきましょう。

日時:2010年8月25日 09:38
Entries of this Category

電話・面談相談予約
初回1000円メール相談実施中
最新情報
新着情報もっと見る

離婚相談

相談方法
お支払方法
メール相談フォーム
相談予約フォーム
電話で相談のお申込み

事務所紹介

お客様の声
料金表
阿部オフィスの紹介
業務案内
メディア掲載
特定商取引表示
ブログ記事一覧

Mari Abe