権利と義務をしっかり確認
サイトマップ
男の離婚相談/阿部オフィス
営業案内

トップ │ お客様の声 │ アクセス │ 料金表 │  お問い合わせ  │ お知らせ │

妄想性パーソナリティ障害

疑り深く秘密主義。柔軟さに乏しく冗談が通じにくい。
些細な指摘でも馬鹿にされたと受け取り執念深く恨み復讐する。
権力や力で支配しようとする。
常に裏切られるのではないかと疑い、配偶者に対して激しい猜疑心を向ける。
相手を信じられないという確信を証明しようとして無理な要求をぶつけ、それを拒否すると裏切られたと受け取り、激しい怒りと復讐心に燃える。

==============================================
他人の動機を悪意あるものと解釈するといった、広範な不信と疑い深さが成人期初期までに始まり、種々の状況で明らかになる。
以下の4つ(またはそれ以上)によって示される。

(1)十分な根拠もないのに、他人が自分を利用する、危害を加える、またはだますという疑いを持つ。

(2)友人または仲間の誠実さや信頼を不当に疑い、それに心を奪われている。

(3)情報が自分に不利に用いられるという根拠のない恐れのために、他人に秘密を打ち明けたがらない。

(4)悪意のない言葉や出来事の中に、自分をけなす、または脅す意味が隠されていると読む。

(5)恨みを抱き続ける。つまり侮辱されたこと、傷つけられたこと、または軽蔑されたことを許さない。

(6)自分の性格または評判に対して他人にはわからないような攻撃を感じ取り、すぐに怒って反応する、または逆襲する。

(7)配偶者または性的伴侶の貞操に対して、繰り返し道理に合わない疑念を持つ。

『DSM-IV-TR精神疾患の分類と診断の手引き改訂版』医学書院より
==============================================



演技性パーソナリティ障害

注目されたい欲求、他人への作為的な態度、気分の変動。
話し方や振舞い方が仰々しく、情緒的な反応も誇張して表現される。
自分の身体的な魅力が最も重要な関心の対象。

==============================================
過度な情緒性と人の注意を引こうとする広範な様式で、成人早期までに始まり、種々の状況で明らかになる。
以下の5つ(またはそれ以上)によって示される。

(1)自分が注目の的になっていない状況では楽しくない。

(2)他者との交流は、しばしば不適切なほど性的に誘惑的な、または挑発的な行動によって動機づけられる。

(3)浅薄ですばやく変化する感情表出を示す。

(4)自分への関心を引くために絶えず身体的外見を用いる。

(5)適度に印象的だが内容がない話し方をする。

(6)自己演劇化、芝居がかった態度、誇張した情緒表現を示す。

(7)被暗示的、つまり他人または環境の影響を受けやすい。

(8)対人関係を実際以上に親密なものとみなす。

『DSM-IV-TR精神疾患の分類と診断の手引き改訂版』医学書院より
==============================================



自己愛性パーソナリティ障害

批判に対して過敏に反応し、失敗や拒絶によって激しいうつを引き起こすことがあります。他人を利用しようとし、いつも自分に注目しつづけてもらうことを求める。他人を見下し、共感の意識が希薄である。

==============================================
誇大性(空想または行動における)、称賛されたいという欲求、共感性の欠如の広範な様式で、成人期早期までに始まり、種々の状況で明らかになる。以下の5つ(またはそれ以上)によって示される。

(1)自己の重要性に関する誇大な感覚(例:業績や才能を誇張する、十分な業績がないにもかかわらず優れていると認められることを期待する。)

(2)限りない成功、権力、才気、美しさ、あるいは理想的な会いの空想にとらわれている。

(3)自分が特別であり、独特であり、他の特別なまたは地位の高い人たちにしか理解されない、または関係があるべきだと信じている。

(4)過剰な称賛を求める。

(5)特権意識、つまり、特別有利な計らい、または自分の期待に自動的に従うことを理由なく期待する。

(6)対人関係で相手を不当に利用する。つまり、自分自身の目的を達成するために他人を利用する。

(7)共感の欠如:他人の気持ちおよび欲求を認識しようとしない、またはそれに気づこうとしない。

(8)しばしば他人に嫉妬する、または他人が自分に嫉妬していると思い込む。

(9)尊大で傲慢な行動、または態度。

『DSM-IV-TR精神疾患の分類と診断の手引き改訂版』医学書院より
==============================================



精神科救急主な入院形態

精神科救急について、2016.12.15読売新聞の朝刊にわかりやすい表が載っていましたので掲載しておきます。
精神病の妻との生活は、精神科救急と切っても切れない関係を持つことになろうかと思います。
入院→別居→離婚と進むケースも多く見受けられます。

自傷他害の恐れ 本人の同意 精神保健指定医の診察 家族の同意など
措置入院 あり なし 必要 不要
医療保護入院 なし なし 必要 必要
任意入院 なし あり 不要 不要

表の出典:2016.12.15読売新聞朝刊



DEAR:境界性パーソナリティ障害の人に変化を求めるための方法

境界性パーソナリティ障害のパートナーに何か伝えるときに、役立つテクニックを紹介します。これを念頭においておけば、話し合いができる可能性が高くなるものと思います。

紹介するのは、DEARというテクニックです。これは、マーシャ・M・リネハン博士によるもので、描写、表現、主張、強化を表します。
ノンボーダー=みなさん、境界性パーソナリティ障害=パートナーと表現しています。

出典「愛した人がBPD(=境界性パーソナリティ障害)だった場合のアドバイス」著 ランディ・クーリーガー/K/A/ウイリアムージャストセン

(1)描写
まず、誇張したり批評したりすることなく、みなさんが見た状況をそのまま描写して下さい。その状況について、みなさんがどのように感じたかについて説明する必要はありません。できる限り客観的に、明確に描写して下さい。ビデオカメラになったつもりで話すといいかもしれません。起こったまま正確にとらえるのです。批判的な言葉や、自分に都合よく事実を歪めることは慎んで下さい。
パートナーの内的な動機や感情が自分にはわかっているという主張は控えるべきでしょう。

(2)表現
次に、状況についてのみなさんの感情や意見を明確に表現して下さい。
「相手のせいでこんな気持ちにさせられた」ではなく、自分の感情を正確に表現します。
パートナーがみなさんに投影しようとする感情と対比させながら自分の感情を明確にして下さい。

(3)境界の主張
自分の境界を主張します。
境界は明確でわかりやすいものにして下さい。
そして再度、みなさんがなぜそれを求めるのか説明します。

それが正しいことだから、望ましいから、または普通だから、あるいはそうするのがパートナーにとってふさわしい行動だから、という理由でではありません。

そのような理由からではなく、みなさん自身が個人的にそうしたいから、自分をこのように扱ってほしいと思うから、パートナーがそのように行動してくれると自分の気分がよくなるから、そう説明して下さい。

価値判断や双方の立場の「良し悪し」をめぐる議論はさけて下さい。
ただ、そうするだけでも言い争いの半分は削除できるはずです。

そして、境界を設定することの利点を強調して下さい。
このままの状態を続けていくとどのようなデメリットがあるのか、そしてみなさんにそのような状態を続けるつもりがないことを、パートナーに説明して下さい。

パートナーは、みなさんが本気かどうかを確かめようと、みなさんのことを試し、要求をエスカレートさせてくるでしょう。
したがって動じる事なく一貫した姿勢を崩さないことが大切です。
みなさんは、自分の考えを明確に主張し、そしてそれを最後まで貫いて下さい。
パートナーが何と言おうとも、その多くは彼らが彼ら自身について感じていることなのです。

みなさんの境界を、精神的な障害をもつ人に決めさせてはいけません。境界を設定することは、彼らのためでもあるということを心に留めておいて下さい。

(4)強化
さらに、何をしたら(又は何をしなかったら)どのような結果となるかをパートナーに理解させます。
たとえば、パートナーが最初に取り決めた日時にお金を返さないようならもう食事を出さないようにする。さらにそれから1ヶ月たっても返さないようなら鍵を変える、というように言葉と行動を一貫させます。




電話・面談相談予約
初回1000円メール相談実施中
阿部オフィス内検索

WWW検索
サイト内検索
Powerd by
Google
最新情報
新着情報もっと見る

離婚相談

相談方法
お支払方法
メール相談フォーム
相談予約フォーム
電話で相談のお申込み

事務所紹介

お客様の声
料金表
阿部オフィスの紹介
業務案内
メディア掲載
特定商取引表示
ブログ記事一覧